プラセンタ注射をすると輸血できないの?

      2016/11/22

プラセンタ注射で輸血できない?

プラセンタは細胞を若返らせる効果があることから、昔に比べると世間に知られ病院でも保険が使えるぐらいに普及してきました。

みなさん、もうすでにご存知かと思いますがプラセンタを摂取方法は注射、サプリメント、ドリンク、化粧品があります。

この中で即効性が最も高いプラセンタ注射を受けた場合のみ、献血(与える側)ができなくなってしまいます

しかし、輸血(受ける側)はできるので安心してください。

万が一、あなたが病気や事故により誰かの血が必要なときは輸血してもらえますが、血が必要な誰かのために自分の血液を提供することができなくなり、献血も受けられないのです。

輸血はできても献血ができないワケとは?

輸血を受ける人がプラセンタ注射をしていることは関係なく、輸血される血液は様々な検査によって何の感染症の疑いもないと判断されているからです。

血液にはたくさんの病原体が潜んでいるので厳重に検査をします。

輸血を受ける場合の他人の血液がすでに病原体に感染していると輸血によってうつることがあります。

HIVウイルス(エイズ)やB型、C肝炎などの病気などは血液感染からです。

なぜプラセンタの摂取方法で注射だけが献血(輸血として使われる血液になること)がダメなのでしょうか?

プラセンタ注射のようなリスクが少ない摂取方法

私が実際に使用しているプラセンタは、サプリメントと美容液なので献血ができなくなるリスクもありません。

そして、高濃度なわりにリーズナブルなので継続的に使用することができるので、効果もばっちりです。

フラコラ・プラセンタ美容液(外側からのケアにはコレ)

フラコラのプラセンタ美容液は安心安全の国産のプラセンタを使用した混じりっけなしのプラセンタエキス100%の美容液でお肌に直接、届くため付けた瞬間からお肌にうるおいを感じました。

プラセンタ原液100%でこのお試し価格は見たことがないので即購入。

惜しげもなく使えるからサプリとWで使用してプラセンタ注射並に肌のキメが整うのを実感しました。

プラセンタ美容液_文字入れ

プラセンタ原液100%美容液が980円(送料無料)で15mlも試せるなんて驚き!

パッケージもかわいくて、何度でも使いたくなるほど虜になりました。

顔だけではなく、胸の周りやひじ・ひざなど気になる箇所を集中的にケアすることでツルツルのお肌を手に入れられちゃいました。

原液100%でもリーズナブルだから気になる箇所にたくさん使えて、効果も抜群!WHITE’stプラセンタエキス原液

フラコラ・プラセンタつぶ(内側からのケアにはコレ)

私の愛飲しているサプリメントはフラコラのプラセンタつぶというものでプラセンタ10,000mg!の他、美容成分アスタキサンチンやセラミドも配合しているので美容マニアにはうれしい成分ばかり。(プラセンタ成分が従来の2倍に)

プラセンタも3粒に10,000mg!も配合され良心的な価格なので我慢せずに毎日摂取することができました。

注射とは違って自宅でケアできて飲み始めて3日目には肌の透明感や明るさが変わり、化粧ノリも全く違って気分も上がっちゃいました。

お試しも送料無料の980円だったから一度試したら手放せない!くらい効果を実感。

プラセンタつぶ文字入れ

高品質なプラセンタなのにリーズナブルな価格なところが続けるポイントですよね。(注射は効果があっても続けるには割高で・・・。)

内側からのケアのおかげでホルモンバランスを整える効果により生理前などのお肌トラブルとも無縁になって素肌美人へももう少しです♪

高濃度で低価格!
継続3日目に大人ニキビが減ったのは1日120円のプラセンタつぶのおかげ♪
WHITE’stプラセンタつぶ袋タイプ

なぜプラセンタ注射すると献血できないの?

1920年頃に変異型クロイツフェルトヤコブ病が発見されたことによって赤十字では禁止されました。

この病の原因は詳しく解明されていませんが、短期間で死亡するといわれています。

しかしこれまでにはプラセンタによる感染症の報告は1件もありません。

動物性プラセンタでよく使われている豚や馬の胎盤ですが、無菌(SPF)で徹底管理されており、抽出、製造するときも、加熱処理されているので感染に関しては全く問題ありません。

狂牛病は流行した頃から牛の胎盤は使用されなくなりました。

ヒト由来は健康な妊婦さんのみの胎盤を使用していますが、いくつもの検査をパスした胎盤のみを使用しています。

感染リスクを少しでも予防するために赤十字側はプラセンタ注射を受けた者の摂取を禁止しているだけです。

むしろ、ウイルスによる感染リスクを低下させる効果があります。

プラセンタサプリやドリンクは献血できる

プラセンタの摂取方法は注射じゃなくても、サプリやドリンクがあるので大丈夫です。

献血はできるし、注射ほど費用はかからないので続けやすく、高濃度のものを選ぶことで注射以上の効果を得ることができます。

ウマ、ブタプラセンタ

アミノ酸の量が豚に比べると馬のほうが多い。

主な栄養素はアミノ酸、たんぱく質、糖質、ミネラル、ビタミン、核酸、脂質、活性ペプチド。

アミノ酸の量が豚に比べると馬のほうが多い。

ヒトプラセンタ

人間の胎盤から抽出されており、栄養素がギュッと凝縮されています。

ヒト由来の錠剤はクリニックでしか処方されない。

注射による摂取方法しかないため、とても即効性がある

まとめ

プラセンタ注射をしても輸血はできるのでご安心ください。

献血を受ける予定のあるかたやプラセンタ注射に抵抗のあるかたはサプリメントでの摂取をおすすめします。

プラセンタはリスクさえきちんと理解しておけば、美肌にとても有効的なのでおすすめです。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。